白バイの超テク

fz750は以前白バイとして乗られていましたが、最近ではホンダ製がほとんどとなってしまいました。ですが、白バイはfz750でなくともカッコいいです。

車で走っていると、普通の民家の横に白バイが待機しているのを良く見かけることがあります。

するとちょうど目の前をかっ飛ばして行く車がおり、待ってましたと言わんばかりにマフラーふかし捕まえに行きました。

FZ750好きの私としてもスゴイ、カッコいいの一言でした。何といってもすごいのはその身のこなしでしょう。

そんな白バイの超テク動画を見つけましたのでどうぞ!







オートバイでこの加速、身のこなしは圧巻ですね。FZ750ではないようですが、この人が乗っているなら同じようにすごいでしょうね。

この映像を見るとゾッとします。うかつにスピード違反するものなら、白バイがマフラーふかし後ろからサイレン鳴らして呼び止められてしまいますよ。

やはり白バイは改造しているんですかね。こんなに小回りが効くのはテクニックだけなんでしょうか。

マフラー、ホイール、エンジンなどカスタムパーツ自体も警察仕様で改造されているんですかね。

自分のFZ750を改造して、マフラーだけでもいいから白バイのようにしてみたいです。

後継機 FZR1000

FZR1000とはヤマハ発動機が1987年に発表し、海外向けに生産されたオートバイのことでで、fz750の後継機ともなっています。

FZR1000は、ヤマハのスーパースポーツのフラッグシップスポーツとして欧米地区の輸出用に開発されたモデルまため、まさにレース用のオートバイです。

FZR1000のエンジンは、FZ750に搭載されたユニットをベースに高機能にし、FZR750やYZF750 のレプリカとして1987年に発表されました。

このオートバイのスピード感を知るための参考映像を載せます。この映像ではFZR1000が公道で200キロ以上で走り車を抜いていきます。







当時は国産では最高の性能を誇っており、ホンダ「CBR900RR」、カワサキ「ZZR1100」の登場まで日本の最速マシンとして愛用されていました。

1989年にはモデルチェンジも行われ、FZR750R(0W01)のデザインを基本として250から1000までの統一デザインとして登場することになりました。

機能的な特徴としては、排気デバイスの「EXUP」搭載、エンジンがボアアップされています。

その後1992年に倒立フォークへ、1994年にはライトが猫目タイプに変更され、「YZF1000R」へと進化を成していきました。

後継機 FZR750

fz750の後継機、FZR750とはヤマハ発動機が製造販売していた4ストローク749ccのオートバイのことです。

FZR750は1987年にFZR1000の国内仕様として販売されていたんです。

車体やエンジンはfz750の後継機、FZR1000と共通だったがTT-F1仕様のレーシングマシンとしての側面もあってか、専用設計品も搭載されることとなりました。

FZR1000をベースに、エンジンを750ccにしてサスペンションのグレードアップ、6速ミッションしています。

外装のパーツやフレーム回りなど、FZR1000とほとんど共通でメーターを見ない限りは識別するのもマニアでない限り難しいようです。

1989年にはFZR1000がフルモデルチェンジを行って、FZR750もFZR750Rとしてフルモデルチェンジをしました。

このFZR750Rは米国向けの輸出専用モデルで、FZR400R(限定)のルックスに近いカウルデザインに、エンジンは107馬力のフルパワー仕様です。

専用のクロスミッションに足回りが強化されており、リアブレーキがフローティングされているのが特徴です。

なお米国のAMA参戦の為に限定200台が発売されたそうです。

このFZR750Rがスーパーバイク世界選手権参戦用のホモロゲーションマシンということもあってか、200万円の500台限定販売だったそうですが即完売したようです。

白バイ購入一般人は無理か?

白バイを手に入れるためにはまず資料を請求したいところだが、当然ながら納入先が限られ、警察向けのパンフレットや解説書ということになりますね。

コレクターの中にはパンフレットのみ欲しいと思う方もいらっしゃるかと思いますが、これは直接警官の知り合いや友達に頼むのが良いかもしれませんね。

もらえるかは分かりませんが・・・。

また、白バイ専用部品も一般には販売されていないので、パーツカタログやサービスマニュアルも当然ながら入手が不可能ですね。

噂では、各都道府県警察本部から整備委託を受けた業者から、サービスマニュアルとパーツリストが稀に外部へと漏れることがあるらしいです。

悪用する人がいたら大変なのでこんなことがあってはならないのですが・・・。

一般に公開されないのでオークションでも入手が不可能なようです。どうしても資料だけ欲しいのなら、メーカーへ直接問い合わせてみることをお勧めします。

当然ながら、白バイは一般で売られている元のモデルがあっても、それらとは比較にならないほど性能が良いでしょう。

改造やメンテナンスも警察関係の業者がすると思うので、純正の部品で改造するのとは次元が違います。

もし一般に出回るとなると恐ろしいことになりかねませんね。

白バイはヤマハ?

白バイが猛スピードで違反車を追っているのをよく神奈川で見かけてましたが、スゴイの一言でした。

白バイってスピードが速く、いったいどこのメーカーなんだろう?と良く思っていたものでした。

日本の白バイの主なメーカーは、ヤマハ、スズキ、ホンダだそうです。そして、町でよく見かける白バイのメーカーはホンダという情報が多いですね。

ヤマハも少数だが、まだ走っているそうです。スズキは、大型二輪の増加に伴って各県警で増加中だとのことです。

白バイにどんな車種があるかというと、

★ホンダ:VFR750P、VFR800P、GL1500(ゴールドウイングは取り締まりでは見
     かけなく、式典やパレードで使用される)
     ・CBX650P、VFR400P(女性白バイ隊員用。現在は全て退役)

★ヤマハ:FZ750P(古くなって数が減っており、貴重な存在となっている)

★スズキ:GSF1200P

この中で、ホンダのVFR750PとVFR800Pが大多数を占め、白バイのほとんどがこれだそうです。

VFR750Pの「P」はポリスの意味だそうで、白バイ用にあらかじめ用意されている車種なようです。

一般用のオートバイとは違い、マフラーもホイールも警察仕様に改造・カスタムメイド?されているそう。

違反して逃げても絶対に追いつかれてしまいますね(^_^;)

fz750とは?

fz750とは、「ヤマハ発動機」が1985年に発売した水冷DOHC5バルブ直列4気筒4サイクル750ccのエンジンを搭載したオートバイのことです。

1984年秋のドイツ・ケルンショーで発表され、大反響を巻き起こしました。

世界初のエンジンを搭載した構造は、エンジンの出力特性とマシンの操縦安定性向上を合わせ追求られた画期的なものなんです。

現代では「fz」から「fzr」へと継承され、「yzf-R1」が登場するまでの長い間、fz750のエンジンはヤマハスーパースポーツのベースエンジンとなったそうです。そして今もなお進化し続けているんです。

以下は主な仕様です

☆国内仕様
・1985年 4月 (1FM) ダンピングアジャスター付きのフロントフォークやフロン
 ト16inchを採用

☆輸出仕様(1985年〜1994年)
・fz750(3KS)
・fz750(3KS)

・1985年(1AE/1FN)100馬力モデル。シングルヘッドライト(国内仕様はダブ  ル)、バイアスタイヤ(国内仕様はラジアル)、ダンピングアジャスター無 し、シートカウルが標準装備

・1987年(2MG)フルカウル仕様になり、マフラーも集合タイプを採用する。スク リーンは高速ロングクルージングを考えられ35mm高くなってるのが特徴

・1989年(3KS)タイヤサイズを変更。フロントを17inchへ、リヤは「130」から 「140」へと変化。フロント・ブレーキキャリパーは「2ピストン」から「4ピ ストン」へ

☆白バイ仕様(fz750P)

・2KW フロント16inchタイヤでフェアリングなどが無い白バイ、アナログメー
    ターは5段変速可能

・3NE U型で初期型にビキニカウルを装備し6段変速可能
・4AS
 4AS(1)市販fzに近いカウルを装着し、フロントは18inchに。デジタルメータ
    装備5段変速可能
 4AS(2)(1)型の色をラジカルホワイトに変更しサイドボックスを大型化。5段
    変速可能
 4AS(3)フルフェアリングを装備した最終型