後継機 FZR1000

FZR1000とはヤマハ発動機が1987年に発表し、海外向けに生産されたオートバイのことでで、fz750の後継機ともなっています。

FZR1000は、ヤマハのスーパースポーツのフラッグシップスポーツとして欧米地区の輸出用に開発されたモデルまため、まさにレース用のオートバイです。

FZR1000のエンジンは、FZ750に搭載されたユニットをベースに高機能にし、FZR750やYZF750 のレプリカとして1987年に発表されました。

このオートバイのスピード感を知るための参考映像を載せます。この映像ではFZR1000が公道で200キロ以上で走り車を抜いていきます。







当時は国産では最高の性能を誇っており、ホンダ「CBR900RR」、カワサキ「ZZR1100」の登場まで日本の最速マシンとして愛用されていました。

1989年にはモデルチェンジも行われ、FZR750R(0W01)のデザインを基本として250から1000までの統一デザインとして登場することになりました。

機能的な特徴としては、排気デバイスの「EXUP」搭載、エンジンがボアアップされています。

その後1992年に倒立フォークへ、1994年にはライトが猫目タイプに変更され、「YZF1000R」へと進化を成していきました。