fz750 後継機カテゴリの記事一覧

後継機 FZR1000

FZR1000とはヤマハ発動機が1987年に発表し、海外向けに生産されたオートバイのことでで、fz750の後継機ともなっています。

FZR1000は、ヤマハのスーパースポーツのフラッグシップスポーツとして欧米地区の輸出用に開発されたモデルまため、まさにレース用のオートバイです。

FZR1000のエンジンは、FZ750に搭載されたユニットをベースに高機能にし、FZR750やYZF750 のレプリカとして1987年に発表されました。

このオートバイのスピード感を知るための参考映像を載せます。この映像ではFZR1000が公道で200キロ以上で走り車を抜いていきます。







当時は国産では最高の性能を誇っており、ホンダ「CBR900RR」、カワサキ「ZZR1100」の登場まで日本の最速マシンとして愛用されていました。

1989年にはモデルチェンジも行われ、FZR750R(0W01)のデザインを基本として250から1000までの統一デザインとして登場することになりました。

機能的な特徴としては、排気デバイスの「EXUP」搭載、エンジンがボアアップされています。

その後1992年に倒立フォークへ、1994年にはライトが猫目タイプに変更され、「YZF1000R」へと進化を成していきました。

後継機 FZR750

fz750の後継機、FZR750とはヤマハ発動機が製造販売していた4ストローク749ccのオートバイのことです。

FZR750は1987年にFZR1000の国内仕様として販売されていたんです。

車体やエンジンはfz750の後継機、FZR1000と共通だったがTT-F1仕様のレーシングマシンとしての側面もあってか、専用設計品も搭載されることとなりました。

FZR1000をベースに、エンジンを750ccにしてサスペンションのグレードアップ、6速ミッションしています。

外装のパーツやフレーム回りなど、FZR1000とほとんど共通でメーターを見ない限りは識別するのもマニアでない限り難しいようです。

1989年にはFZR1000がフルモデルチェンジを行って、FZR750もFZR750Rとしてフルモデルチェンジをしました。

このFZR750Rは米国向けの輸出専用モデルで、FZR400R(限定)のルックスに近いカウルデザインに、エンジンは107馬力のフルパワー仕様です。

専用のクロスミッションに足回りが強化されており、リアブレーキがフローティングされているのが特徴です。

なお米国のAMA参戦の為に限定200台が発売されたそうです。

このFZR750Rがスーパーバイク世界選手権参戦用のホモロゲーションマシンということもあってか、200万円の500台限定販売だったそうですが即完売したようです。